SPACC 先端錯体工学研究会研究会への入会について
SPACC 先端錯体工学研究会
SPACC 先端錯体工学研究会会長の挨拶研究会のご案内ニュースレターシンポジウムSPACC AWARD

トップページに戻る


先端錯体工学研究会とは

研究会のご案内
先端錯体工学研究会の活動
研究会概要
会則
入会のすすめ
研究会パンフレット (PDF File 5.78MB)

入会手続
 個人正会員
 学生用
 法人用

 先端錯体工学研究会の前身である基礎錯体工学研究会は、平成4年4月に日本化学会の研究会として発足し、平成21年4月から先端錯体工学研究会となり、爾来20年にならんとする歴史を刻んできました。この間、日本には錯体工学分野のSocietyがなかったため、まず研究会としての体裁を整えることからはじめ、次にそれを確実なものとする努力を重ね、現在の研究会が出来上がりました。今後は先端錯体工学研究会をさらに充実させ、研究会の趣意に沿う発展を目指したいと考えています。

 先端錯体工学研究会は、無機錯体化学を基盤としつつその応用面の発展を希求しており、金属イオンを含む高次の複合系を設計し、生理活性金属錯体や金属タンパク質のかかわるバイオシステム、金属センサー、光エネルギー変換システム、機能性錯体を用いる光学活性物質、高分子、その他有用化合物の合成システムの構築を目指しています。したがって本研究会を支える会員は広義の化学だけでなく、生物学、物理学、工学、薬理学などを専門とする研究者、技術者の集団であります。本研究会の活動分野は、その名の示す基礎研究を含めて、その広汎な応用研究にいたる分野を網羅しています。会員は多くの異なる分野で活躍していますが、金属錯体という共通の概念を持っているために他の分野での成果や考え方を自分の研究に生かせるメリットがあり、シンポジウムなどでの討論は非常に活発に行われています。



 Powered byGoogle

サイトマップお問い合わせ委員会ページCopyright 2013 The Society of Pure and Applied Coordination Chemistry,  All Rights Reserved.